Fumiya Tanaka

BLOG

Dartriix

November 10, 2007

発売です。
2007年11月10日
¥2520(Including Tax)
dartriix_300.jpg


お互い別々のとこに居て、データをやりとりしながら曲を完成させていったんやけど、相手の顔が見えへんことと、メールだけのやりとりやったから、半野さんが返してくる音素材の意図を、自分なりに勝手な解釈で曲にしていった。それぞれの素材を活かそうと考えたけど、それがうまく出せたかどうか。曲構成や音の扱いかたなど、自分なりの手くせみたいなもんは出てしまうから、それがどこまでの範囲でokになるんやっていうところ、見極めは難しかったなあ。最終的に自分で完結させて半野さんに聞いてもらったんやけど、アルバムの作り方や曲順などは、半野さんのアイデアがベースになった。半野さんはアルバムに対しての定義みたいなもんが明確としてるから、それに引っ張ってもらう形でまとまっていった。
マスタリングはキムケン。この作業はいつものごとくキムケンが頑張った。これは作業上、半野さんとやることは無理やから、キムケンと二人、コンプレッサーのかかり具合や、個々の音域のレベル調整など、なにかと細かく作っていって、その都度それをジャッジしていって、難しさもあったけど、やりがいもあった。


僕が最初にデータを投げて、半野さんからデータを返してもらって最終的に僕が曲にしたんは3,4,5,7,10曲目。11曲目は半野さんからのリクエストで、アルバムをまとめる上でのバランスを調整する役割の短い曲がいるとのことで、これはひとりで作りました。
同じ役割の曲は6曲目もそうで、これは半野さんが作った。半野さんが他にひとりで作った曲は12曲目。これはかなり早い段階から出来ていて、アルバム制作当初からアルバムの曲順の最後にもってきたいというのは、だいぶ前から聞かされてた。
1,2,8,9曲目は半野さんが最終的に完成させたもの。個人的な感想としては僕がデータを返す時に持った完成形のイメージとあまり変わらず曲になってたんが1,2,9曲目。ほぼ全部か。最初にもらった曲の時点である程度構成が決まってたっていうのがあると思う。
イメージと違ったんは8曲目。これはアレンジを大幅に変えたっていうのがあるんやけど、半野さんのやりたいかんじがむき出しで出てるというか、半野さんがイメージするダートリックスってこういうことなんやないかって思ってて、これも勝手な解釈やけど。


次になにか作る機会があれば、少しでも一緒に作業できればと思う。ライブのリハーサルが来週からあるんで、その時に一緒にやる作業の中で、なにか次の布石になるようなことがあればええんやけど。
今回はそれぞれがイメージするダートリックスの音を、その都度それぞれが曲を完成させていった結果、それをまとめる形で、その集合体をアルバムにしたという、個別に解釈した曲を集めたものがアルバムになってるから、バラエティにとんでるんやないかと思う。それが聞きやすさや聞きにくさにも関わることなんやけど、この不確定な不明瞭なかんじが今のダートリックスの音やないかと思ってて、これは今のレーベルの音とも言えると思ってて、ある部分今の/今までのレーベルカラーを反映してると思う。


曲名は、お互い手探りしながら作ってる作業の状態を言葉にしたくて、不確定/不明瞭なイメージを連想できるようなタイトルをつけてみました。
ジャケットのデザイナーは篠塚太郎君。op.discの12inchジャケや、hubのフライヤーなどもやってくれてる、普段は超多忙な広告デザイナー。いつもシュっとした緻密なデザイン。今年のhubのフライヤーも地味やねー。